スキーバスの予約をしておいたものの、当日までに、あるいは当日に予定とは違う日程となってしまった場合には、あらかじめ支払われた料金の返金などの対応がされる場合があります。

たとえば、特に気温があたたかくなってきた春先の時期などには、ゲレンデの積雪量が十分ではなく、安全に滑降することができない状態となってしまっていることがあります。



通常、スキー場のリフトの何本かが止まっているとしても、稼働しているリフトがある程度の状態であれば、催行中止とはなりませんので、料金が返金されることもありません。

主催会社の判断によって、スキーバスによるツアーが催行中止となってしまった場合ですが、料金については後日、銀行口座に返金されることになります。

この場合、催行予定となっている日の数日前までに、主催している旅行会社からの連絡があるのが通例で、当日になって突然に催行中止ということはありません。
また、当日に渋滞などによって、スキーバスのゲレンデへの到着が遅れてしまった場合には、催行中止とは違いますので、催行会社の重大な手違いなどの特別な事情がないかぎりは、基本的に返金されることはありません。

あなたの探していたリクナビNEXT JOURNAL情報が満載です。

そのほか、催行会社の事情ではなくて、予約をした人のつごうによるキャンセルの場合ですが、当日でなければ、あらかじめ支払っている料金のいくらかの割合は返金されるというのが通例です。

スキーバスについての情報ならこのサイトです。

ただし、当日に近くなるについて、キャンセル料金の割合が大きくなるため、返金額も少なくなってきます。

 
Copyright (C) 2016 スキーバスにおける返金について All Rights Reserved.